一生使える!スーツを着る全ての社会人に捧ぐ、着こなしネタ

一生使える!スーツを着る全ての社会人に捧ぐ、着こなしネタ

★スーツを着た姿というのは、相変わらず社会人の象徴的なスタイルです。長い会社員生活です、一生使えるスーツの知識をしっかり習得しておきましょう。



サイトトップ > バランス感覚を磨く

スポンサードリンク

一生使える!スーツを着る全ての社会人に捧ぐ、着こなしネタ

バランス感覚を磨く


会社員になってスーツを着始めた頃は、なかなか着こなすのが難しいものです。ビジネススーツの場合はカジュアルウェアと違って、バランス感覚が重要です。カッコよくキメたいのもわかりますが、ビジネスシーンだということがあくまでも前提だからです。


ビジネスシーンにおいてスーツ姿はあなたを印象付ける大事な要素となります。そこでバランス感覚を磨こうというわけです。まずは上着からのぞくシャツのバランスです。


ジャケットとシャツのバランスは重要なのです。シャツ袖がのぞく目安は、ジャケットの袖口から1~1.5cmあたりです。スーツの着こなしはこうしたサイジング次第で相当変わってきます。


ネクタイの長さは、ネクタイによって大剣と小剣の長さがまちまちですが、目安としてはネクタイの先端がベルトのバックルに少しかぶるくらいがベターです。このようにシャツとネクタイのサイズバランスだけでも、見栄えが相当に変わってきます。


今度はビジネスパンツです。これの裾の最適な幅は20cm~22cmあたりです。最近はやや細身の傾向が強いのですが、20cm~22cmあたりにしておけば、そんなにトレンドに左右されることもありません。適切な丈の長さということでは、靴の甲に少し触れて、センタークリース(パンツのセンターライン・折り目のこと)がやや折れる程度がいいでしょう。ここが長すぎても短か過ぎても変です。こうしてスーツ姿の印象は大きく変わっていきます。


一生使える!スーツを着る全ての社会人に捧ぐ、着こなしネタ

MENU



スポンサードリンク